ここ一週間くらい毎日卵とじがメインの食生活になっています。
なんか久しぶりに作ったらすっごく美味しくて!作るのも楽だし使う食材はある程度自由で何でも合うし
いちいち今日は何の食材使って何を作ろうかなーって考えなくてすむんで卵とじばっかり食べちゃってます!
卵とじって一見楽ですけど、しっかり作ろうと思うとなかなか難しいんですよね。味付けだって人によって
好みがあるし、何より黄身と白身の絶妙な塩梅さというか、ふわふわ加減とかが結構気使いますね。
人によっては味付けなんかはめんつゆだけでやっちゃうんでしょうか?
私は調味料をあれこれ組み合わせるのが好きなんで、だし汁、醤油、みりん、砂糖、おまけに料理酒なんか使って
自分の好きなちょっと濃いめの味付けにして作ってます。
鶏肉と玉ねぎがあれば、そのままそれを卵とじしてご飯の上に乗っけたら親子丼の完成ですし、お豆腐だけを
卵とじしてもとても美味しいし、いっそもう食材が全然家にない時でも作れちゃう万能のおかずだって思ってます。
今日も明日も多分私のご飯は卵とじですね。いつになったら卵とじから抜け出せるんだろう(笑)

我が家は主人の仕事が忙しく、朝は早く出掛け、夜は遅く帰ってきます。
そのため、子どもが起きてから寝るまで一人で面戸をみています。

毎日がんばって、子どもの食事の支度をしたり、着替えや歯磨き、オムツ交換、幼稚園の送り出しやお迎え、子どもの遊びに付き合ったり、お風呂に入って寝かしつけまでやっています。
楽しいこともありますが、本当に大変です。

やっと寝て一息ついていると、間もなく主人が帰ってきます。
いつも主人が帰ってくるときには、座って日記を書いていることが多いのですが、私、椅子に座るのはご飯を食べるときと日記を書くときくらいだけだからだよと思いながらいますが、主人には分かってもらえないようです。

ため息をよくつかれるのですが、仕事で疲れて帰ってくるのは分かりますが、こっちも疲れてるんだよと思います。
こちらが子どもの話をしても、心ここにあらずのような返事が返ってきたり悲しくなります。
そんな反応に私も、子どもの話もする気にもならず、会話が減ります。

これではだめですよね。
どうしたら、みんな旦那さんと仲良くしているのかなと思います。

今年もあと1ヶ月となりましたが再来年のNHKの大河ドラマが1964年の東京オリンピックまでを描いた「いだてん?東京オリンピック噺」のキャストが発表していますが脚本を担当するのがあの宮藤官九郎さんですが従う人がキャストをしていますがあの人も出演をする事になった。

それがビートたけしさんですが大河ドラマに出演をするのが久々と言うが役も実際にいた落語家と言いまして古今志ん生を演じる事になった。

落語家の神様と言われた人で架空ですがこのドラマのナビゲーターで大きな役割をするがビートたけしさんと言うとタレントと思われているが実はマルチで活動をしているので幅広く活躍をしていますが映画では海外での映画祭に参加された。

面白い人だと思われているがやりたいことをしているのでアイデアを出すと言うがまさかの大河ドラマに出演するとは適した人だと思われている。

今回の実在した落語家と言うがたけしさんは落語もしていましてちゃんと名前もあるのでプロの落語家と言うが爆笑問題のステージの時には本格的な落語をした事で大きな話題となりましたが暗記をしているので大変だったかもしれない。

今回の大河ドラマでは脚本を書く宮藤官九郎さんの世界をどう落語を演じるのが注目している所もあるが日本人がオリンピックに出場した時から1964年の東京オリンピックまでどう描くのが落語にするのでどうするのか気になる所もある。

たけしさんの落語を描くのか注目がある大河ドラマになると思っているかもしれないのです。お金 借りる 夜